「すきっ歯」には前歯だけにすき間がある場合と、歯全体にすき間がある場合に分けられます。そのうち前歯の間だけにすき間がある方は意外と多く、その見た目に悩む方が多くいらっしゃいます。この前歯のすき間はどのような治療法で改善することができるのでしょうか。

 

前歯にすき間がある歯並び「正中離開」について

前歯はとても目立つ部位であり、その真ん中にすき間があると、歯並びが悪いのと同じくらい強いコンプレックスを感じるのではないでしょうか。同じ歯並びのお悩みでも、一般的な歯並びの乱れと、乱れ方はそうでもないが真ん中にすき間がある見た目では、すき間があるほうが間が抜けて見えてしまいます。

この真ん中にすき間がある歯並びを専門用語で「正中離開(せいちゅうりかい)」と呼びます。

正中離開になる原因には、「正中埋伏過剰歯」という、歯ぐきの中に埋もれている歯が萌出しないために起きるケースと、上唇の裏側にある「上唇小帯」というスジの発育不全によるケースがあると考えられています。

正中埋伏過剰歯の場合、特に痛みを感じることなどはなく、レントゲンにより偶然発見される場合がほとんどです。このケースは一般的に少ないと言われていますが、もし正中埋伏過剰歯が見つかった場合、抜歯が必要となります。

子どものよりも、大人の方が大変な正中離開

正中離開は子どもだけでなく、大人にも見られます。子どもの場合、多くは治療をせずにそのまま様子を見ます。と言うのも、子どもの場合は乳歯列から永久歯列に生え変わるとき自然に閉じることが多いためです。小さい頃はすきっ歯だったのにね、と言われた記憶がある人もいるかもしれません。

これに対し大人の正中離開は少し異なります。成人後にすき間が閉じることはほとんとありません。

これに加え、歯周病も正中離開の悪化に繋がります。また日常生活においても、空気が漏れやすく発音しにくい、食べ物が挟まりやすく歯磨きしにくい、お口の中が乾燥しやすく、歯の裏側にむし歯ができやすいなど、見た目のコンプレックスだけでなく、歯やお口の中の健康にも影響してしまいます。

このように、正中離開は見た目の強いコンプレックスに加え、お口の健康にも影響が出やすい不正咬合と言えるでしょう。

 

一般的な治療法は歯列矯正

前歯のすき間を埋めるためには、矯正治療が最も一般的です。歯を削ることもしないため、ご自身の歯並びを整ることでコンプレックスを解消することができます。

原因が埋伏歯かそうでないかを判断する必要があるため、まずは専門医にて詳しく検査をしてもらいましょう。

 

当院の歯列矯正についてはこちら