普段何気なく見ていた鏡に、黒ずんだ歯ぐきが映ったらどう思うでしょうか。よく見ればそれは被せ物が入っている歯ぐきであることが多く、ある日突然起きるものではありません。

被せ物の種類によっては歯ぐきに黒ずみを生じさせてしまいます。そしてこの黒ずみは、審美性を大きく損ねます。今回は、歯ぐきの黒ずみの原因と対処法についてお話をいたします。

 

歯ぐきの黒ずみ「メタルタトゥー」とは?

 

歯ぐきに黒ずみを生じさせる主な原因には、被せ物によるものと喫煙によるものが考えられます。喫煙が原因の場合、メラニン色素が歯ぐきに沈着して歯ぐき全体が茶色っぽくくすんだようになります。

 

いっぽう、被せ物が原因の場合、歯ぐき全体ではなく、被せ物の周りの歯ぐきに変色が起こります。色も、喫煙によるものとは異なり、濃いグレーのような色が被せ物の周りの歯ぐきに変色を引き起こしています。

 

その原因は、被せ物に使われている金属です。保険診療の場合、選択できる被せ物は決められています。前歯の場合、表側の見える部分は白いレジンですが、内側と裏側は金銀パラジウム合金が使われています。

 

被せ物は歯科用セメントを使って接着します。しかし保険素材の被せ物は密着度に劣り、歯と被せ物のすき間から唾液などの水分が少しずつ入り込み、セメントを溶かし始めます。

 

その際、イオン化した物質が歯ぐきに入り込み、色素沈着を起こすと言われています。また今はあまり見られませんが、土台に金属が使われているメタルコアの場合も、メタルタトゥーを引き起こす原因と言われています。

 

つまり保険診療で使われる金銀パラジウム合金のうち、銀がメタルタトゥーの原因となっており、審美性を大きく引き下げてしまうのです。

 

歯周病や加齢が、よりメタルタトゥーを加速させる

歯周病や加齢も、メタルタトゥーを加速させる一因であると考えられます。

 

年齢を重ねるにつれ、歯ぐきは少しずつ下がってきます。その際、昔治療した保険の被せ物と歯の境目にすき間が生じ、イオン化した金属が黒っぽく見えることがあります。メタルタトゥーまでいっていなくても、歯と歯ぐきの境目に黒い金属が見えてしまうと、それだけで審美性は大きく損なわれます。

 

また歯周病もメタルタトゥーの大きな要因です。それほど年齢を重ねていなくても、歯周病が進行すると歯ぐきは少しずつ下がってきます。加齢と同じように酸化した金属が黒くなり、メタルタトゥーの原因を加速させてしまうのです。

 

メタルタトゥーの治療はどうする?

メタルタトゥーによって歯ぐきに黒ずみが生じた場合、まずは原因となった金属を取り除きます。土台がメタルコアの場合、まずはメタルコアを除去してレジンコアまたはファイバーコアにします。どちらも金属は使われていないため、土台が原因でメタルタトゥーになることはありません。

 

また金属が使われている被せ物を、オールセラミックやジルコニアセラミック、CAD/CAM冠など金属を全く使用していない補綴物に変えることで、黒ずみが酷くなることを防ぐことができます。

 

被せ物を非金属のものに変えたあとは、黒ずんだ歯ぐきを元通りにする治療を行います。メタルタトウーにより変色した歯ぐきの色を改善するには、レーザーまたはガムピーリングが有効です。

 

レーザーの場合、レーザーを黒くなった歯ぐきに当てて色素を薄くします。痛みはあまりなく、1,2回のレーザー照射で歯ぐきがキレイなピンク色に戻るようです。

 

もうひとつはガムピーリングと言う方法です。エタノールなどを使って歯ぐきの新陳代謝を促し、正常な粘膜へと導く方法です。施術後、1~2週間でキレイなピンク色の歯ぐきを取り戻せます。

 

既に黒ずんでしまった歯ぐきも対処法はありますので、諦めずに歯科医師に相談してみましょう。

 

メタルタトゥーを引き起こさないために

 

メタルタトゥーは審美面を大きく損ねてしまいます。また金属が使われていることで金属アレルギーを引き起こすこともあります。

 

歯科治療で使われる素材には、金属を使わないものが多くあります。その代表がセラミックとレジンで、どちらもメタルタトゥーを引き起こす心配がありません。

 

レジンは樹脂が主成分であり、歯科治療において非常によく使われる素材です。保険も適用となりますが、強度が弱く、奥の臼歯部に使うと割れてしまう可能性があります。

 

このようなレジンのデメリットを払しょくするのがセラミックです。中でもジルコニアを混ぜたジルコニアセラミックは強度が高く、奥歯で固いものを噛んでも割れる心配があまりありません。もちろんメタルタトゥーを引き起こす心配もありませんし、審美性、耐久性に優れています。

 

特に目立つ前歯は、メタルタトゥーを引き起こさないためにもセラミックを使った被せ物がお勧めです。費用は高く感じるかもしれませんが、再治療にかかる費用や黒ずみを解消するためのレーザー治療などは案外高額なため、最終的な費用はあまり変わらないと言われています。

 

歯ぐきの黒ずみが気になる方はメタルタトゥーの可能性があるかもしれません。まずは歯科医院で相談し、キレイな歯ぐきを取り戻しましょう。

 

 

当院のセラミック治療についてはこちら

 

 

 

 

はぴねす歯科院長 小西知恵
コラム監修者

はぴねす歯科川西能勢口駅前クリニック 院長 小西知恵

日本歯科大学歯学部卒業後、東京医科歯科大学の摂食機能保存学を専攻。その後、東京都・埼玉県・大阪府の歯科医院に12年勤務し、2015年にはぴねす歯科石橋駅前クリニックに勤務。2020年7月、はぴねす歯科川西能勢口駅前クリニックの院長に就任。