取り外し式で食事や歯磨きがしやすいインビザラインは、目立たずに矯正治療を行えることで、人気を集めています。しかし歯をしっかりと動かすことにおいて、ワイヤー矯正と比べるとやや物足りなさを感じる方や、マウスピースを交換するだけで本当に歯が動くの?と疑心暗鬼になる方もおられるかもしれません。

ではインビザラインはなぜマウスピースを交換するだけで歯が動くのでしょうか。また、よりしっかりと歯を動かすためのポイントも併せてお話いたします。

マウスピース矯正とワイヤー矯正の大きな違いとは?

矯正治療をしたいなと考えたとき、まず思うのが「どのような装置を使って歯を動かすのか」ではないでしょうか。主な矯正治療法として、歯の表面にブラケットという小さな器具を付け、そこへワイヤーを通して歯を動かすワイヤー矯正と、マウスピースを新しいものに交換しながら歯を動かすマウスピース矯正の2種類に分けられます。

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の大きな違いは、固定式か取り外し式かということです。ワイヤー矯正は、矯正治療が終了するまで装置を付けたままの状態で過ごします。もちろん食事や歯磨きをするときも装置は付いたままです。

月いちどのワイヤーの調整により、歯をしっかりと動かすことができます。ワイヤー調整は最もオーソドックスな治療法で、抜歯を伴う症例や難症例と言われる症例などほぼあらゆる症例に対応することができます。

以前は金属を使ったメタルブラケットが使われていましたが、審美面が考慮されるようになり、最近では目立ちにくいセラミックブラケットやホワイトワイヤーを使う医院が増えています。またより目立たないワイヤー矯正として、裏側矯正も人気を集めています。

いっぽうマウスピース矯正は、食事と歯磨きの時は取り外すことができます。食事するときに装置が付いていないことで、矯正前と変わらず食事を楽しむことができますし、歯磨きもしやすいため、お口の健康管理がしやすいことが大きな特徴です。

インビザラインは毎週新しいアライナー(マウスピース)を交換しながら歯を少しずつ動かします。アライナーは、今現在の歯並びよりも少しズレたものを装着することで、歯に力を加えることになります。ワイヤー矯正のようにしっかりと動かすというよりは、持続的に弱い力を加えて歯を少しずつ動かします。

ご自身では歯が動いているという実感はあまりないかもしれません。しかし弱い力を加え続けることにより、歯は確実に動いており、気が付けば歯並びが改善されている、と感じる方がほとんどです。

ただインビザラインは自分でアライナーを取り扱います。ついうっかり外したまま一日過ごしてしまった、交換が面倒で挫折しそう、失くしそうといった自己管理ができない方には向きません。

便利な反面、自己管理がとても大切になるのがインビザラインなどのマウスピース矯正なのです。

インビザラインで歯をよりしっかり動かすためには?

まず大切なことは、インビザラインは1日20時間以上装着する必要だということです。歯に弱い力をかけ続けるためには、少しでも装着時間が長い方が良いためです。食事や歯磨きのときにはアライナーを取り外しますが、1時間以上装着しない時間を作らないことがポイントです。

またしっかりとアライナーを装着させるために必要なのが「チューイ」です。チューイとは、上下のアライナーを確実にはめ込むための、ゴムのようなものです。アライナーを装着後、10分くらいはしっかり噛んでおくようにすることも、歯をしっかりと動かすための大切なポイントです。

また歯の表面に「アタッチメント」というレジンでできた小さな突起を付けることがあります。これはアライナーを付けることで歯に加わる力の補助をしてくれる役割があり、インビザライン治療で欠かすことができない重要なアイテムです。

どの部位にアタッチメントを付けるのかは、医師の判断によって異なります。治療計画を立てたときに、アライン社が自動でマウスピースに接着するものと、医師が治療計画に沿って、この部位に付けると判断されるものがありますが、いずれにしても歯をしっかりと動かすために欠かせません。

インビザラインで失敗しないためには

このように、インビザラインはただアライナーを交換するだけではなく、より確実に歯を動かすために一日20時間以上の装着とチューイの使用がポイントとなります。

冒頭でもお話したとおり、インビザラインはワイヤー矯正と異なり自己管理がとても大切です。インビザラインによる矯正治療は自己管理がひとつのポイントです。せっかく始めたインビザラインでの矯正治療を失敗させないためにも、一日20時間以上の装着とチューイの使用をしっかりと守りましょう。

当院のインビザラインについてはこちら

はぴねす歯科院長 小西知恵
コラム監修者

はぴねす歯科川西能勢口駅前クリニック 院長 小西知恵

日本歯科大学歯学部卒業後、東京医科歯科大学の摂食機能保存学を専攻。その後、東京都・埼玉県・大阪府の歯科医院に12年勤務し、2015年にはぴねす歯科石橋駅前クリニックに勤務。2020年7月、はぴねす歯科川西能勢口駅前クリニックの院長に就任。