差し歯や被せ物といった補綴物は、天然の歯と比べるとどうしても「いかにも人工の歯」という感が否めません。特に目立つ前歯の場合、周りの歯の色と調和していなければ、差し歯だけが妙に目立ってしまいます。保険の差し歯の場合、年数が経つにつれてより顕著に表れ出てしまいます。

できれば自分の歯とそれほど大きく色の差が出ず、自然な色調で長持ちする方法はないのでしょうか。

制限がある保険素材

補綴物には保険適用のものと自費のものがあります。虫歯治療の場合保険適用となりますので、その流れで補綴物も保険適用のものを選択される方も少なくはないかもしれません。保険適用の場合、使える素材が限られてしまいます。小さな虫歯の場合、虫歯部分を削ってレジンを詰めます。範囲が狭い、また歯と歯ぐきの境目などはそれほど色の差は目立ちませんが、補綴物となるとその色調はかなり目立ってしまいます。

できる限り周りの歯の色と近い色で作製されますが、自分の歯と見間違えるほど精巧な色合いで出来上がるかと言うと、残念ながらそこまでは期待できません。どうしても保険が使える範囲で作製すると、限界が出てしまうのです。

小臼歯や下の歯の場合、それほど気にならないかもしれませんが、上の前歯は人の目がいちばん向く部位のため、「もう少し白かったら・・・」「ちょっと白過ぎて浮いて見える・・・」などと感じることもあるかもしれません。細かい色調の微調整が難しいのが保険素材の問題点のひとつです。審美性は悪くありませんが、周りの歯との調和性において、少し気になる声があるのも事実なのです。

 

保険素材のもうひとつの問題点

そして保険素材におけるもう一つの問題点があります。それは「経年劣化による審美性の低下」です。

保険素材の差し歯は、表側はレジンでできています。レジンは見た目は白いですが、樹脂のため傷が付きやすい素材でもあります。わかりやすく例えると、プラスチックのお弁当箱やコップなどです。プラスチックの製品は購入当初は傷がなく、ツルツルしています。

しかし毎日洗っていると、少しずつ細かい傷が出来ていきます。同じプラスチックのコップやお弁当箱を2年ほど使っていると、知らない間に傷だらけになっていませんか?また匂いがついたり、汚れが取れにくくなってしまうのもプラスチック製品の問題点です。

保険適用の差し歯も似たようなことが言えます。前歯の差し歯は「前装冠」と呼ばれるもので、表側がレジン、内部と裏側が金銀パラジウム合金でできています。

周りの歯の色に合わせてできるだけ近い色で作製したものの、何年か経ってきたらレジンは色素や汚れを吸収し、黄ばみやオレンジ色っぽく変色してきます。同じ変色でも、天然歯と補綴物では見た目がかなり違います。天然歯の汚れよりも、補綴物の汚れのほうが汚く見えてしまって、口元全体の審美性を大きく低下させてしまうのです。

それに加え、加齢による歯ぐき下がりや歯周病が進行すると、歯と歯ぐきの境目に黒ずみである「メタルタトゥー」が生じてしまいやすくなります。この二つが重なると、人前で笑うのが憚られるくらいコンプレックスとなってしまうのではないでしょうか。

また小臼歯も前歯ほどではないですが、笑うと目立つ部位でもあります。最近ではCAD/CAM冠という、セラミックとレジンのハイブリッドが良く使われています。ただレジンの成分が入っている分、汚れやプラークが付着しやすいという問題点も出てきています。

このように、保険素材の補綴物は安価で治療できるものの、審美性が低下するという、最も大きな問題点を持った治療法と考えられるのです。

審美性が高く、汚れや耐久性に優れたセラミック素材

このような保険素材のデメリットをカバーできるのが、オールセラミックやジルコニアセラミックといった、セラミックを使った補綴物です。レジンをつかっていないため傷がつかず、色素や汚れが吸収されません。また滑らかな素材でプラークが付きにくいのもセラミックの優れた点です。

そして色調ですが、保険のものと比べてずっと細かな色調の調節が可能です。隣の歯の色に合わせ、最も自然な色調へ細かく合わせることができるため、周りの歯と自然に調和します。院内に歯科技工士が在籍している医院では、患者さんと細かく相談しながら色調を決めていくこともできます。

またセラミックという特徴上、経年による汚れがほとんどありません。何年たっても作製したときのままの美しさを維持できることで、自然と笑顔もほころぶことでしょう。

このように、補綴物によって周りの歯の色と調和が取れるものや、数年後には劣化して不自然に見えるものなど様々です。これから補綴物を作製する方、これまでの差し歯をもういちどきれいにしたい方、セラミックの持つ美しさと耐久性に注目してみてはいかがでしょう。

当院のセラミック治療についてはこちら

はぴねす歯科院長 小西知恵
コラム監修者

はぴねす歯科川西能勢口駅前クリニック 院長 小西知恵

日本歯科大学歯学部卒業後、東京医科歯科大学の摂食機能保存学を専攻。その後、東京都・埼玉県・大阪府の歯科医院に12年勤務し、2015年にはぴねす歯科石橋駅前クリニックに勤務。2020年7月、はぴねす歯科川西能勢口駅前クリニックの院長に就任。