インビザライン矯正中、食事の時はマウスピースを外すことは多くの方がご存じだと思います。

では、飲み物はどうでしょうか。

運動中の水分補給や友人とのお茶会、仕事をしながらコーヒーを一杯、など、飲み物を飲む場面は多いです。

「飲み物を飲むたびにいちいち外すのが面倒」というのが本音ですが、正しい知識を持たずに過ごしていると、虫歯や着色を招き、矯正の成功から遠のいてしまいます。

 

今回はインビザライン矯正中注意すべき飲み物についてお伝えしていきます。

この記事を読めば、マウスピースや口内環境をきれいに保つための飲み方を知ることができます。

インビザライン矯正中の飲み物に不安がある方は、是非最後までご覧ください。

インビザライン装着時に注意したい飲み物

インビザライン矯正中、特に気を付けたいのが飲み物です。

マウスピース装着時は以下の飲み物には注意が必要です。

①甘い飲み物

ジュースやスポーツドリンクなど砂糖を多く含んだ飲み物は、マウスピース内で細菌が繁殖し虫歯になるリスクを高めるので控えましょう。

また、最近ではニアウォーターと呼ばれる無色透明な飲料もありますが、たとえ見た目が水のようでも中身は多くの糖を含んでいるので、マウスピース装着時は避けてください。

②色の濃い飲み物

コーヒー、紅茶、赤ワインなど、色素の強い飲み物は、マウスピースの着色を招きます。

また、お茶であっても茶渋がついて汚れてしまうので注意して下さい。

きれいなマウスピースを保つために、これらの飲み物を飲む際はマウスピースを外しましょう。

③熱い飲み物

熱い飲み物も注意が必要です。

装着したまま飲むと、マウスピースが変形してしまう恐れがあるので、必ず外してから飲むようにしてください。

インビザライン装着時に飲んでよい飲み物

飲み物も、食べ物と同様に装着したまま飲めるものは限られてきます。

そのため、マウスピース装着時に飲んでも良いものは基本的に「水」と覚えておきましょう。

甘さのないものであれば炭酸水もOKです。

インビザライン装着時はストローを使えば大丈夫?

「ストローを使えば前歯につかないから何を飲んでも大丈夫」と思われている方がいらっしゃいます。

たしかにコップから直接飲むよりは良い方法ですが、飲み込む時に飲み物が口内に広がっているため完全に着色や虫歯を防げているとは言えません。

ストローの効果を過信せず、水以外を飲むときは外してから飲むことを習慣化しましょう。

インビザラインを外せない時は

日常生活において、インビザラインをどうしても外せない場面もあるかと思います。

そんな時は一時的にそのまま飲むこともやむを得ません。

ただし、コーヒーや紅茶は砂糖を入れない、熱い飲み物はしっかり冷ましてから飲む、など、虫歯やマウスピースの変形のリスクを最低限回避できるよう配慮しましょう。

まとめ

インビザライン装着時の飲み物について紹介しました。

食べ物と同様に、マウスピースを外していれば制限なく好きなものを飲むことができるため、装着時だけ注意してください。 

食べ物の注意点はこちら↓

http://happiness-kawanishi.jp/archive/876/

 

当院でもインビザライン矯正を行っています。

興味のある方は是非一度ご相談ください。

はぴねす歯科院長 小西知恵
コラム監修者

はぴねす歯科川西能勢口駅前クリニック 院長 小西知恵

日本歯科大学歯学部卒業後、東京医科歯科大学の摂食機能保存学を専攻。その後、東京都・埼玉県・大阪府の歯科医院に12年勤務し、2015年にはぴねす歯科石橋駅前クリニックに勤務。2020年7月、はぴねす歯科川西能勢口駅前クリニックの院長に就任。