良くも悪くも口元は、お顔全体の印象を左右するパーツです。特に前歯はいちばん目につく部分であり、美しい歯は清潔感を与えますが、その反対はあまり良い印象を与えません。その中でも劣化した被せ物によって残念な口元に見えてしまうのは本当にもったいないことです。

 

前歯の被せ物によって、お口の印象はまるで違ってきます。今回はセラミッククラウンが前歯に最適な理由に注目してみました。

 

劣化しやすい保険素材

 

前歯に被せ物が必要になった際、保険適用素材を選択する方は多いと思います。特に虫歯治療や根管治療は保険が適用になるため、その流れで保険の被せ物で治療を続ける方が大半でしょう。しかし保険の差し歯は安価に治療できる反面、デメリットも多いことをご存じでしょうか。

 

前歯の被せ物は、見える表側が白いレジン、裏側が金属でできた前装冠と呼ばれるもので、一般的に差し歯と言われています。

 

レジンは素材の特性上、傷が付きやすく汚れや色素などを吸収しやすい素材です。そのため作った当初はきれいな差し歯でも、年月が経つにつれてだんだんと傷が付いて、そこに日常の飲食による着色や汚れが蓄積されていきます。

 

そのためだんだんと黄ばみが目立つようになり、周りの自分の歯よりも悪目立ちしてしまうのです。黄ばんだ差し歯がお口の真ん中で目立っていると、どれだけきれいな人でも「歯が黄色くて汚かったね」という印象しか残らないのではないでしょうか。

 

また年齢とともに歯ぐきが下がってくると、歯と差し歯の境目に黒ずみが目立つようになります。これをメタルタトゥーやブラックマージンと呼び、歯ぐきの審美性まで損ねてしまいます。

 

このように保険の前歯の差し歯は劣化しやすく、口元の印象を大きく下げてしまうのです。

 

 

プラークや細菌も付着しやすい

 

保険の差し歯は審美性を損ねるだけでなく、プラークや細菌が付きやすい、というデメリットもあります。保険の差し歯は金属が使われているため歯ぐきとの間に僅かなすき間が生じてしまいます。そこへプラークが細菌が付き、二次カリエスの可能性が高まります。特に歯ぐきが下がってくるとその傾向が強くなります。

 

せっかく虫歯治療を終えたはずの歯が、再び虫歯治療を行うことになると、手間も費用もかかってしまいます。加えて同じ保険の差し歯にすることで、何年後かにまた同じことが起きてしまう可能性が高いため、最終的に歯を失うかもしれないのです。

 

差し歯をセラミッククラウンにすることによるメリットとは?

 

では同じ差し歯でも、自由診療のセラミッククラウンにするとどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

セラミッククラウンは、全てがセラミックで作れているオールセラミッククラウンや、強度が高いジルコニアを混ぜたジルコニアセラミッククラウンといった種類があります。また歴史の長いメタルボンドもセラミックが使われていますが、内側に金属が使われているため、ブラックマージンが生じる可能性があります。

 

前歯は美しさが重要視される部位です。そのことから考慮すると、前歯に適した差し歯はオールセラミッククラウンか、ジルコニアセラミッククラウンになります。どちらもセラミックが持つ滑らかさと美しさを併せ持っており、目立つ前歯にぴったりです。

 

まず注目すべき点は、その美しさです。セラミックは滑らかな素材で、汚れを吸収しにくい素材です。レジンはザラザラしてるため汚れや細菌が付きやすいですが、セラミックはレジンのデメリットを払しょくする素材と言って良いでしょう。

 

そのため保険の差し歯に見られる黄ばみなどの変色が起こりません。一本だけ変色が起きると非常に目立ち、全体のバランスを大きく崩してしまいますが、セラミックは変色せず、いつまでも作製した当初の美しさをキープすることができるのは、保険の差し歯との決定的な違いと言えます。

 

また耐久性に優れており、劣化しにくい素材でもあります。保険治療を繰り返していると、結局セラミック1本分の値段になってしまうこともあり、結果的にセラミックのほうがコストが良い、というように考えられます。

 

二次カリエスのリスクも低いため、歯の健康維持にとってもメリットが大きいと言えるでしょう。歯を失うリスクを考えると、多少費用がかかっても、歯を残すような選択をすることに大きな意味があるのではないでしょうか。

 

 

口元の印象を大きく変えるセラミック

 

保険の差し歯とセラミックを比較して、前歯の差し歯がセラミッククラウンが適している理由についてお話いたしました。保険の差し歯が一概に悪いとは言いません。しかし口元の審美面を大きく引き下げることや耐久性において、セラミックには適わないのが現状です。

 

口元が美しいと、自然と笑顔もほころびます。たかが前歯の差し歯、されど前歯です。美しい歯と黄ばんだ歯、どちらが魅力的でしょうか?前歯の差し歯の劣化にお悩みの方は、セラミッククラウンを選択肢に入れてみてはどうでしょうか。

 

 

当院のセラミック治療についてはこちら

 

 

 

 

 

 

 

はぴねす歯科院長 小西知恵
コラム監修者

はぴねす歯科川西能勢口駅前クリニック 院長 小西知恵

日本歯科大学歯学部卒業後、東京医科歯科大学の摂食機能保存学を専攻。その後、東京都・埼玉県・大阪府の歯科医院に12年勤務し、2015年にはぴねす歯科石橋駅前クリニックに勤務。2020年7月、はぴねす歯科川西能勢口駅前クリニックの院長に就任。